JAふくしま未来のもも

ふくしまのもも出荷表

あかつき

「白桃」と「白鳳」を親にもつ福島県を代表する品種として、広く栽培されています。肉質は緻密で甘味の強い桃です。
7月下旬から8月中旬に収穫され、お中元等で使われる桃がこの「あかつき」です。

まどか

緻密な肉質で大変甘い桃。繊維が少なく、酸味も少なめでジューシーで大変良い味です。大玉になり日持ちも良い桃です。8月中旬に収穫されます。

川中島白桃

川中島白桃は「あかつき」の次に多く栽培されている、鮮やかな濃紅色で大玉の品種。
大変食べ応えのある品種です。食感が硬めの桃で、甘味が強いのが特徴です。8月中旬から8月下旬に収穫されます。

黄金桃

肉質は硬く締まっていて、噛んだ時に果汁が滴ると言う感じではなく、しっかりとした歯ざわりが感じられるタイプとなります。甘さは十分にあり、酸味が少なく日持がするのも特徴です。果肉が硬い方が好きな方は生のままでも食べられます。その他、コンポートにも向いている品種と言えます。

ゆうぞら

「ゆうぞら」は肉質が極めて緻密で、香りも強く、食味は最上級です。
外観もとても上品な晩生の品種で、収穫したときは硬めですが、硬いうちから美味しくいただけるくらい風味は抜群です。福島の晩生種で最後に収穫される品種で、晩生種の中でJA新ふくしまの生産量が全国で第1位です。9月上旬に収穫されます。

ももの保管方法

・固めの桃は常温で置いておけます。
・柔らかくなってきたら、冷蔵庫へ入れてください。
・食べる前30分くらいに冷蔵庫から出しておくとより甘みを感じ美味しく食べられます。
・未熟でまだ硬い桃は、常温で柔らかくなるよう追熟させます。未熟なものを冷蔵庫に入れると追熟せず、そのまま傷みはじめてしまいます。熟して食べ頃の物は冷蔵庫に長時間入れる場合は、1つずつ紙に包んでビニールやポリ袋に入れて野菜庫に入れます。日持ちしないので、早めに食べましょう。桃は、冷やしすぎると味が落ちるので、提供する1~2時間程度冷蔵庫で冷やすといいです。室温で2~3日置いておけば熟度が進み、皮も剥きやすくなります。熟した桃は傷みやすいので、早く食べきりましょう。