安全・安心のコンフューザー(性フェロモン)減農薬防除

最近は果実を害虫から守るため、性フェロモン剤が盛んに利用されています。

オスは一定期間にメスの出す交尾のサイン(フェロモン)により相手方にたどり着きます。性フェロモン剤を使用することにより、果樹園の中に、常にこのサインを充満させておくことにより、オスはサインの余りの多さに戸惑ってしまい、メスにたどり着くことができません。こうして子孫を残すことができなくなり害虫密度が減少し、薬剤散布を減らしても害虫から果実を守ることができるようになるわけです。

JA新ふくしまでは、性フェロモン剤を利用して、農薬(殺虫剤)を50%削減して栽培し、安全、安心なくだものづくりに取り組んでいます。